タロットを使って幸せを生きる

タロットリーダー☆中川ヒロエのHealing日記

大阪北摂緑の中から、ハートをゆるめて自分に還る…そんなタロットリーディング・ヒーリングをしています。

「カップの6」自分を隠さなくて、もういいと思う。

ごきげんよう

今朝は蝉の声で目が覚めました✨、ひろちゃんです。

関西は梅雨もあけたようで。夏が来ましたね。

 

はい!わが家は夏休みです。

子供たちが小3、小5なもので、まだまだ何かと親がかり。

子供たちと過ごす夏になりそうです。

 

「俺、朝ごはん自分でつくる!」(←夏休み初日で朝からテンションが高い長男、小3男子。顔がもう“サマーバケーション”に興奮して何かがみなぎっています。鼻の穴も若干ふくらみ気味・・・)。

「どうぞ~」(←私)。

 

時々見ていると、お揚げさんやキュウリ、生わかめ、ハムなど、冷蔵庫を開けて目についたものを片っ端から包丁で切り刻み、お椀に入れ、上から私が作ってあったお味噌汁を注ぎこんだ!

あ、とにかく包丁で切りたかったのね~。

 

火の通っていない具でてんこ盛りのお味噌汁を、微妙な顔のまま、無言で食べていました…。

 

子供を眺めていると、ホンマに「好き」「したい」という衝動で動いているのに感心します。昔は私もこうだったのかなぁ、と思い出すように追体験できるのが面白いなぁ、と思います。

 

私が好んでよく使うタロットカード「ウェイト版」には、子供が出てくるカードがいくつかあります。

 

なかでも「カップの6」は、この春くらいから何度も面白い出方をしていました。

f:id:nakagawahiroe:20170721204946j:plain

手前がウエイト版、ユニバーサルウェイト。

奥はマルセイユ版のカップの6。

同じカップの6でも、表現のされかたは少し違います。

奥に入れば同じ。

 

カップの6は「ノスタルジー」と冠されることもあるカード。過去の良い思い出に心をはせる時や、振り返れば輝いて見える子供時代、家族や故郷、昔の好きな人。そんな何かを素朴に思う気持ちを表します。

純粋できれいで、でもちょっとほろ苦さが一滴混ざり込んだようなそんな思い。実際に経験あるなしにかかわらず、思い出は美しいというような、みんなに共通する感覚と言えば、解りやすいでしょうか。

 

とてもきれいなカードですが、やはり「過去」に軸がある時によく出がち。「今」に軸を移していきたいところです。

 

が、が!!

 

ここ最近は「今」まさに真っ最中!と言う状況で出ていました。

 

「今」純粋に好きなことに気づいた。

「今」好きなことは、実は子供の時好きだったことだった。

環境に関係なく「今」子供みたいに好きと思えることをやってみたい。

みたいな場面に。

 

いいです!いい感じです!

こんな風に「今」好きと思えることに出会えたら、きっと楽しいですよね。

実際にやってみちゃったりして。

そしたら、もっと楽しかったりして。

 

今、時代的にも、個人の「純粋に好き」を応援するような流れだそうですよ。

 

だから。

気兼ねすることなく。

自分をごまかすことなく。

「好き」なものは「好き」で、いいと思う。

自分を隠さなくて、もういいと思う。

それが心の奥から湧いてきた純粋なものならば。

 

まだ無いよ!って方も焦らなくても大丈夫。

まずは子供みたいに、ストレートに自分を表現するところからやってみても、面白いと思う夏の一日です。

 

↓読んでくださってありがとう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ